読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

type t (* void *)

関数型言語や英語学習の事とか。

一般の話: LTのテクニック?

インターネットの闇です。
最近LTを聞いていると、もっとこうしたら良いのになぁとか思うことが多いです。
それをそこはかとなく自分の考えを書き綴りたいと思います。

エネルギーが重要

人は人の話を聞きません。
そのため、自分の話を聞いてもらうテクニックが重要になります。

一番簡単なテクニックはエネルギーをもって、俺の話をきけ!とやることです。
元気に、大きな声でハキハキやるのが発表の基本かなぁという気がします。

勿論、その発表にものすごい価値があって
どんな発表方法でも話を聞かせることが出来る人がいるかもしれません。
ですが、普通の人の発表というのはそんなに新規性があるわけでもないし、
特別価値があるものでもありません。
その中で相手を楽しませ、自分の話を聞いてもらうというのが重要な気がします。

相手の負担を減らす

プレゼン用の資料で大事なことは相手の負担を減らすことです。
例えばむつかしくて理解に時間がかかる部分で、情報が複数スライドに分かれていると その1つのスライドをじーっとみて理解することが難しくなります。

極力重要な部分以外、相手に考える負荷を与えることは避けるべきです。
つまらない部分でよく考えないとわからない、整合性が取れない部分があれば 話を聞く気を失わせてしまいます。
負荷を減らすのは何より自分の話を聞いてもらうという、自分の目的のためです。

練習をする

当たり前なのですが、上手く発表するには練習が大事です。
発表練習をしない人というのは聞いていてわかります。

私の話をすると最低3回発表練習をします。
特に制限時間があって時間が短い場合には特に念入りにやります。 (ちなみに発表というのは制限時間が短ければ短いほど難易度が高いです)

まとめ

元気に楽しくLTやろう
相手のことを考えよう

僕が発表が旨いなぁという方ではよんたさんとかでしょうか。
名古屋忘年会の動画など……

youtu.be

みずぴーさん
相手に話を聞かせる力がありますね、、、

www.youtube.com